ここちよい私を探して ~乳がんになんか負けない

2014年7月、乳がんと診断されました。 全摘手術して、抗がん剤、放射線を経て、ホルモン療法真っ最中。 そして2016年、ようやく本格的に社会復帰! 楽しいこと、うれしいこと、これからたくさんありますように。

カテゴリ: 乳がん生活

書籍食べてはいけない食べてもいい添加物

2年前に化学療法をはじめた頃から、それまで普通に買って使っていたモノが、少しずつ気になり始めた。

食べ物とか、
体につける化粧品とか、
石けんなんかも。

それまでは、
「おいしいから」「便利だから」「なんとなくイメージがいいから」そんな理由で選んで買っていただけで、それがどんなモノかなんて、全然考えてなかった。

ついこの間の記事(薬用石鹸は使っちゃ危険!)でも書いたけど、
薬用石けんの、本当の正体なんか全然考えずに使っていたし。

で、
今使っているものの中にも、
まだ思い込みだけで使い続けてるものあるんじゃないかと気になって、思い出した。

そういえば…、
歯みがきを、合成界面活性剤を使わない石鹸はみがきに変えたっけ、と。

合成界面活性剤を使っていないせっけんハミガキも、いろんな会社が作っているから
いくつか種類があるんだけど、

今使っている商品の成分を、
「食べてはいけない」「食べてもいい」添加物 で、細かく見てみたら…。

なんだか残念な結果が…。
確かに、合成界面活性剤は入っていないんだろうけど、
ちょっと気になる添加物が入ってる。

歯磨き粉なんて、別に食べるものじゃないし、使う量だってほんの少しだから
気にすることはないんだろうけど、
でも、一般的な歯磨き粉の爽快感とか、泡立って磨ける達成感とか、そういうのをあきらめて選んでた石けんハミガキなんだから、
それを裏切るような添加物は入れて欲しくないよ。
 
まー、
普段食べてるもののほうが、よっぽどいろんなモノが入ってるよな、とも思うけどね。

あ~あ…。(-_-;)
近所のドラッグストアにはないから、わざわざ買いに出かけていたのにな…。

パ○○ス石けんハミガキ…、信じて使っていたのに(-_-;)


ではでは。
今日はこれにて。

「食べてはいけない」「食べてもいい」添加物

新品価格
¥1,296から
(2016/10/26 15:57時点)





ランキングに参加しています。ぽちっとしてくれると嬉しいです。^^
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 

そろそろ冬支度を始めなきゃかな、っていうくらい今朝は冬っぽかった。

2年前、抗がん剤のAC+Tを始めたのもちょうど今頃。
治療で免疫力が落ちるし、風邪対策もしっかりしなくっちゃって色々気を遣っていた。

「薬用」「抗菌」「殺菌」っていう言葉が商品に書いてあると、進んでそれを買ったりして。

だけど…、

薬用石鹸とかの医薬部外品とか、化粧品にも使われている「トリクロサン」っていう殺菌剤は、人体に問題アリっていうことで、
アメリカでは「トリクロサン」の入った抗菌せっけんは、販売禁止になったらしい。

乳がんとか皮膚がんとの関係も懸念されている、とか。

日本でも、アメリカのそうした流れを受けて厚生労働省が動き出した、っていう今日のニュース。
今、一般的に信じられていることも、明日になったらわからないのね。

今日書いた過去記事はこちら↓↓
  2014.10.21  抗がん剤 AC療法1回目投与から8日目 白血球減少そろそろかな


=====================
毎日新聞 10月22日(土)10時0分配信
<医療>「抗菌せっけん販売禁止」40年の道のり 
===================== 


ではでは。
今日はこれにて。


ランキングに参加しています。ぽちっとしてくれると嬉しいです。^^
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 


今夜は、友達のKちゃんと久しぶりにゴハンして来ます。

Kちゃんとは、もう30年来のおつきあい。

地方でお嫁に行っちゃったから、それほど頻繁には会えないけど、
たまに東京に出てきたときは、忙しくても時間を作って会ってくれる。
今回は、1年ぶりだ~。
半年前も東京へ出てきてたけど、そのときは私が地方に出かけてて会えなかったんだー・・・。 

私の病気のことではすごく心配かけちゃったけど、以前どおりに今でもこうして会えるのはすごく嬉しい。
いつもありがとうね。(^^) 

今日は1年ぶりだし、お土産も準備オッケー(^^)
大好きなACHOっていうお店のお菓子。
image


今日書いた過去記事はこちら↓↓

ではでは。
今日はこれにて。


ランキングに参加しています。ぽちっとしてくれると嬉しいです。^^
にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 

今日、東京江東区の豊洲に、日本でのマギーズ第一号となる「マギーズ東京」がオープンした。
マギーズ東京(公式サイト)
http://maggiestokyo.org/


私が「マギーズ」というのを知ったのは、つい数ヶ月前。
これもやっぱり、CAN友(がん友)さんから教えてもらった。


「マギーズ」とは、がん患者やその家族、あるいは医療者などがんに関わる人たちが、いつでも利用できる施設。
訪れるのに、がんの種類やステージなども関係なく、予約する必要もない。
マギーズセンターでは、患者や家族の抱える不安についてカウンセリングを受けることができたり、栄養や運動のこと、仕事や子供のこと、医療制度のことなど、色々な専門的な支援が受けられるのだそう。


もちろん、のんびりと過ごすために訪れることもできる。
病院でも自宅でもない「第二の我が家」。


第一号は1996年のイギリス。
2016年の今、全英では20ヶ所のセンターが運営されているんだそう。


病院では、皆忙しそうだし、誰に声をかけたら良いのかわからない。
でも、誰かに話を聞いて欲しい。
あるいは、なにも言わなくていいから、誰か黙ってそばにいて欲しい。
一人でいたくない。
そんなとき、ふらっと出かけていける場所があるなんて、なんてすばらしいことか。



でも今はまだ、
こういう場所って、世間的にはまだまだ特別な場所っていう認識をされてしまうのかな…。
ちょっと残念。
いつの日か、こういう場所が一般的になっていったらいいなって思う。


「生涯のうち、がんになる人は二人に一人という時代。
がんになることは、なにも特別なことじゃない。
だれしも、すぐ隣りにあること。」


こういうふうに言うのをよく聞く。
でも、「がん=死」っていうイメージが強いせいなのか、大抵の人は、がんなんて病気は、自分からは遠くにおいて置きたいもの。
だから「二人に一人」って言ったって、「こわいよね~」で済ませてる。


私もそうだった。
がんが、自分にも身近なものだなんて、頭をよぎったこともなかった。


がんを遠くにおいておくから、がんに対する認識はいつまでも変わることはない。
だから、自分や家族ががんになったときに慌てふためいて動揺する。


動揺するから尚更、マギーズセンターのような支えが必要となる。
そういう構図もあるんじゃないのかな、って少し思う。


がん治療がどんどん進んでいる今、一度がんになったあとも、つらい治療しながら長く生きる人生もある。
再発の不安を抱えながら生きていく人生もある。


「がんは慢性疾患」って、聖路加国際病院リエゾンセンターの保坂隆先生も言っていた。
もはや、「がん=死」ではない。


これからの時代は、
「がんとどう闘うのか」
「どうすることが負けずに生きて行くっていうことなのか」
「生きるってどういうことなのか」
「なんのために生きるのか」
こういうことを、自分のがんの向こうに「死」を見ながら、死ぬまでの人生を生きていく。そういう時代。

そんなふうな認識が、これからの世の中に少しでも広まっていったらいいなと思う。


でも、その一方で、
「がんにならなきゃ、わからないことがある」
「がんになって初めて、気づくこと・考えることがある」っていうふうにも思う。

だから、やっぱり
「がん=死」ではないけれど、がんは人の人生観を変えるほどの力をもつ、命を脅かす病であることには変わりはない。
そんな病気を、私は患った。

今、がん患者である私にできることは、果たしてなんだろう。
すべきことは、一体なんだろう。


がんにならずに生きていく人が、考えるべきはなんだろう。



目に見えない何か大きなものが、
目に見えない何か大きな問いを、
私たちに投げかけている、そんな気がする。


ではでは。
今日はこれにて。


ランキングに参加しています。ぽちっとしてくれると嬉しいです。^^
にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 

ピンクリボンシンポジウムの、南果歩さんのトーク。

先生方の講演のあと、
司会の、フリーアナウンサーの山口容子さんに呼ばれて
舞台の袖から登場した南果歩さん。

ほっそりシルエットに白いスカートを揺らしながら、エレガントにご登場。
きれいな人だな~。

そのトークの中で、南さん、
「『がん友』っていう言葉があんまり好きじゃないので、ちょっと考えて来ました!」と。
たしかに「がんとも」って音、あんまり嬉しくなる響きじゃない。
「が」の音がキツくて、「がん」って口にするだけで病気になりそうな気もする。

で、南さんの話。
「『がん友』じゃなくて『Can友(きゃんとも)』にしましょうよ。」っていう、可愛いご提案。
「Can友」の「Can」は、Cancerの「Can」。
そして、「yes, I can.」の「Can」。

賛成! 賛成! 会場も満場一致の拍手。
なので、これからは「Can友」ですよ!

南さんのトークの中では、
「以前は無理しても頑張っていたけど、もうこれからは無理はしない」って言ってはいたけど、

それでも、
今年2月の乳がん発覚からまだ日が浅いのに、こういうところで話し出来ちゃうんだな。
まだまだ、気持ちが不安定なんじゃないのかな。
知らないうちに無理して頑張っていないかな、ってちょっと気になりながら聞いていた。
話している途中では、涙で声が詰まる場面もあったし。

そしたら、トークも終盤に差し掛かったころ、
「会場から質問を受け付けますよ」ということで、会場から数人が手を挙げた。
その最後に、元気よく手を挙げた女の人からの一言が、会場からの拍手を誘った。

その人のお話。
「質問ではないのですが、」と前置きしながら、

「私もサバイバーになって、もう数年立ちますが、今でも病気の話をするとウルウルしてしまうこともあります。
なのに、南さんは、サバイバー1年生といいながらこうしてお話をされていて、
感謝の言葉を伝えたくて手を挙げました。ありがとうございました。」

そんなふうな、内容。
私のほかにも同じように感じている人がいるんだな、と拍手をしてあげたくなった。

そしたら…、そうよね。(^^)
会場中から大きな拍手が沸いてきた。
会場の多くの人たちも、同じような気持ちで聞いていたんだな~、と嬉しくなった。

南さん、どうか無理しないでくださいね。
image
と、いうわけで…、
私、かずのこといいます。
Can友になってください!(^^)(^^)v

ではでは。
今日はこれにて。


ランキングに参加しています。ぽちっとしてくれると嬉しいです。^^
にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 

↑このページのトップヘ