書籍食べてはいけない食べてもいい添加物

2年前に化学療法をはじめた頃から、それまで普通に買って使っていたモノが、少しずつ気になり始めた。

食べ物とか、
体につける化粧品とか、
石けんなんかも。

それまでは、
「おいしいから」「便利だから」「なんとなくイメージがいいから」そんな理由で選んで買っていただけで、それがどんなモノかなんて、全然考えてなかった。

ついこの間の記事(薬用石鹸は使っちゃ危険!)でも書いたけど、
薬用石けんの、本当の正体なんか全然考えずに使っていたし。

で、
今使っているものの中にも、
まだ思い込みだけで使い続けてるものあるんじゃないかと気になって、思い出した。

そういえば…、
歯みがきを、合成界面活性剤を使わない石鹸はみがきに変えたっけ、と。

合成界面活性剤を使っていないせっけんハミガキも、いろんな会社が作っているから
いくつか種類があるんだけど、

今使っている商品の成分を、
「食べてはいけない」「食べてもいい」添加物 で、細かく見てみたら…。

なんだか残念な結果が…。
確かに、合成界面活性剤は入っていないんだろうけど、
ちょっと気になる添加物が入ってる。

歯磨き粉なんて、別に食べるものじゃないし、使う量だってほんの少しだから
気にすることはないんだろうけど、
でも、一般的な歯磨き粉の爽快感とか、泡立って磨ける達成感とか、そういうのをあきらめて選んでた石けんハミガキなんだから、
それを裏切るような添加物は入れて欲しくないよ。
 
まー、
普段食べてるもののほうが、よっぽどいろんなモノが入ってるよな、とも思うけどね。

あ~あ…。(-_-;)
近所のドラッグストアにはないから、わざわざ買いに出かけていたのにな…。

パ○○ス石けんハミガキ…、信じて使っていたのに(-_-;)


ではでは。
今日はこれにて。

「食べてはいけない」「食べてもいい」添加物

新品価格
¥1,296から
(2016/10/26 15:57時点)





ランキングに参加しています。ぽちっとしてくれると嬉しいです。^^
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ