2015年の4月から5月にかけて、放射線治療をしたあとの肌、
このところ、お風呂上りのケアをサボっていたら、なんだか硬くなってきた。
触ると少し、ごわごわカサカサな感じ。
皮膚が硬くなると、色も少し黒ずんで来る。

まずいまずい。
どのくらいケアをサボっていたのかな。1週間くらいかな。
ということで、ヒルドイド登場。

ヒルドイドを使い始めたのは、
化学療法のパクリタキセルで顔に赤く炎症が出たときに、腫瘍内科の先生が出してくれた。

でもその後、
腫瘍内科の別の先生の話だと、「ヒルドイドは顔には塗らないで」って言われてびっくり。
目とか粘膜に入っちゃまずいから、顔には塗らないんだそうな…。

容器のウラを見ると、
「目、粘膜、傷口には使用しないこと」って、書いてある。
ネットでは、美容目的で顔にも塗るっていう記事がたくさんでてるけどね~。
どうなんでしょ。目に入らないように気をつけて使えば大丈夫なのかしら。

で、その先生に、
顔には目に入っても安全なワセリンをすすめられて、一時、ヒルドイドは使わなくなっていたんだけど…。

放射線治療が終わって日焼け状態のヒリヒリが落ち着いたら、乾燥が酷くて、
それで思い出したヒルドイド。

で、
ヒルドイドの「ヘパリン類似物質」っていう主成分が、すごく保湿効果が高くて、
いいらしいって言うのを聞いて、また使い始めることに。

私が使っているのはローションタイプ。
他にも、クリームタイプ、軟膏、ゲルとかの種類があるらしいけど、
ローションタイプは、手に取って塗ると、ゆる~く伸びて使いやすい。
image

私の放射線治療は、患側の左胸全体と鎖骨の上に当てた。
鎖骨の上に放射線を当てると、その場所のちょうど裏側の背中の肌にも影響があって、右手で左肩の後ろ辺りを触ると、
その部分だけ、乾燥してカサカサしてるのがわかる。

放射線科の先生も看護師さんも、保湿するようにって言ってたし、
そういえば、
今年7月に行われた乳がん学会での患者セミナーでも、もし再建を考えるなら保湿は特に大事って言ってたっけ。

私は、再建はするつもりはないけど、
乾燥してると傷もつきやすくなるし、これからの季節は特に気をつけなくっちゃ。


今日書いた過去記事はこちら↓↓
  2014.10.20  抗がん剤 AC療法1回目投与から7日目 下痢

ではでは。
今日はこれにて。


ランキングに参加しています。ぽちっとしてくれると嬉しいです。^^
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ