ここちよい私を探して ~乳がんになんか負けない

2014年7月、乳がんと診断されました。 全摘手術して、抗がん剤、放射線を経て、ホルモン療法真っ最中。 そして2016年、ようやく本格的に社会復帰! 楽しいこと、うれしいこと、これからたくさんありますように。

2015年の4月から5月にかけて、放射線治療をしたあとの肌、
このところ、お風呂上りのケアをサボっていたら、なんだか硬くなってきた。
触ると少し、ごわごわカサカサな感じ。
皮膚が硬くなると、色も少し黒ずんで来る。

まずいまずい。
どのくらいケアをサボっていたのかな。1週間くらいかな。
ということで、ヒルドイド登場。

ヒルドイドを使い始めたのは、
化学療法のパクリタキセルで顔に赤く炎症が出たときに、腫瘍内科の先生が出してくれた。

でもその後、
腫瘍内科の別の先生の話だと、「ヒルドイドは顔には塗らないで」って言われてびっくり。
目とか粘膜に入っちゃまずいから、顔には塗らないんだそうな…。

容器のウラを見ると、
「目、粘膜、傷口には使用しないこと」って、書いてある。
ネットでは、美容目的で顔にも塗るっていう記事がたくさんでてるけどね~。
どうなんでしょ。目に入らないように気をつけて使えば大丈夫なのかしら。

で、その先生に、
顔には目に入っても安全なワセリンをすすめられて、一時、ヒルドイドは使わなくなっていたんだけど…。

放射線治療が終わって日焼け状態のヒリヒリが落ち着いたら、乾燥が酷くて、
それで思い出したヒルドイド。

で、
ヒルドイドの「ヘパリン類似物質」っていう主成分が、すごく保湿効果が高くて、
いいらしいって言うのを聞いて、また使い始めることに。

私が使っているのはローションタイプ。
他にも、クリームタイプ、軟膏、ゲルとかの種類があるらしいけど、
ローションタイプは、手に取って塗ると、ゆる~く伸びて使いやすい。
image

私の放射線治療は、患側の左胸全体と鎖骨の上に当てた。
鎖骨の上に放射線を当てると、その場所のちょうど裏側の背中の肌にも影響があって、右手で左肩の後ろ辺りを触ると、
その部分だけ、乾燥してカサカサしてるのがわかる。

放射線科の先生も看護師さんも、保湿するようにって言ってたし、
そういえば、
今年7月に行われた乳がん学会での患者セミナーでも、もし再建を考えるなら保湿は特に大事って言ってたっけ。

私は、再建はするつもりはないけど、
乾燥してると傷もつきやすくなるし、これからの季節は特に気をつけなくっちゃ。


今日書いた過去記事はこちら↓↓
  2014.10.20  抗がん剤 AC療法1回目投与から7日目 下痢

ではでは。
今日はこれにて。


ランキングに参加しています。ぽちっとしてくれると嬉しいです。^^
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 

ホルモン剤のLH-RHアゴニスト製剤を、ゾラデックス3ヶ月製剤からリュープリン6ヶ月製剤に変えて、約ひと月半が経過した。

その間ずっと、以前と違う症状があるかなと注意しているところ。
 
リュープリンに変更する直前の、8月末から9月初めにかけては
ホットフラッシュがピークだったけど、今はそれが少し落ち着いているみたい。

その落ち着いてる理由が、
薬を変えたから、おさまってきたのかどうかは、わからないんだけど…。

感覚としては、薬の違いっていう感じはしないんだよな~。
ただ単に、ホルモン剤に慣れて来たっていうか。
最近は、秋も深まって涼しくなってもきたし。

そもそも、ゾラデックスとリュープリン、
どっちも同じLH-RHアゴニストだしね…。

で、、
ホットフラッシュの直前に来る、気持ち悪い感じが酷くてなんともイヤだったけど、
それも今は、少し落ち着いているみたいで、ちょっと嬉しい。

この「ホットフラッシュ直前の気持ち悪い感じ」が起こるときを、
ちょっと観察してみると、
どうやら、ちょっと疲れたな~、って思うときが多い気がする。

たとえば、
・長時間、パソコン画面見て仕事を続けちゃった。
・長時間集中して、本読んじゃった。
・長時間集中して、映画見ちゃった。
とか、そういうとき。

「あ~疲れたな~」って思うのと
「あのイヤな感じが来ちゃったな~」っていうのが、ごちゃ混ぜでやってくる。

それと、何か行動を変えるタイミングは起きやすいような気がする。
のんびり座っていたところから、「さて、○○を始めようかな」って気持ちを切りかえて立ち上がろうとしたときなんかも。

だけど…、
夜に寝ているときだって、暑くて目が覚めてウチワでバサバサあおいでみたりするし、
やっぱり神出鬼没なのかな。よくわからん。

それほど酷くならないなら、
じっとしているより、体を動かしているほうがあんまり気にならないみたいで、
それが一番いいかも。 

とりあえず、これから涼しくなるし、
あんまり酷くならないことを祈るのみ。


ではでは。
今日はこれにて。


ランキングに参加しています。ぽちっとしてくれると嬉しいです。^^
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 

今日、友だちからされた質問。
「ホルモン剤、どうして途中で変えたの?」って。

そうです。ホルモン療法のLH-RHアゴニスト製剤、先月変えました。
え~っとね…。何だっけ…。

最近の私、抗がん剤の後遺症のケモブレインか、
はたまた、ホルモン療法の副作用かわからないけど、かなりのボケ頭。

というわけで、
ちゃんと覚えている今のうちに、ホルモン療法の推移をもう一度整理しておく。

●2015.04.22 ホルモン療法開始
 タスオミン(抗エストロゲン薬):閉経前後の薬

●2015.05.19 タスオミン中止
 タスオミン開始2週間後くらいから、両足首皮膚の広範囲に炎症。
 パクリタキセルの浮腫みの蜂窩織炎か?
 タスオミンのアレルギーか?
  ↓
 タスオミンを中止

●2015.06.17 ホルモン療法再開(2剤併用)
 ゾラデックス3ヶ月製剤 (LH-RHアゴニスト製剤):閉経前の薬
 エキセメスタン (アロマターゼ阻害薬):閉経後の薬

このときに参考にした情報:がんサポート2015年4月Vol.145
 -大規模臨床試験SOFTから明らかになったこととは?-
 「閉経前乳がん患者さんには、リスクに応じたホルモン療法が重要」
  木下貴之先生(国立がん研究センター中央病院乳腺外科科長)

●2016.09.08 ホルモン治療薬(LH-RHアゴニスト製剤)変更
 ゾラデックス3ヶ月製剤
  ↓
 リュープリン6ヶ月製剤

<変更の経緯>
 ・ホットフラッシュが酷くなってきたのはゾラデックスのせいかもしれないから、もし閉経状態になっていたらゾラデックスはやめてみましょう。
 ということで、採血して女性ホルモン値を調べた結果、閉経の数値を示していなかった。
   ↓
 ・LH-RHアゴニスト製剤の続投が必要ということで、比較的新しいリュープリン6ヶ月製剤が候補に上がった。
  (ちょうどその頃、私の通院する病院内で、薬剤師さんからドクターに「新しく出たリュープリン6ヶ月製剤」のアナウンスがあったらしい。)
  
<変更決定の理由>
 ・通院頻度が半分になる。
 ・ゾラデックス2回投与より、リュープリン1回投与の方が薬価が少し安い。
 ・ゾラデックス初回投与から1年3ヶ月経つし、薬剤耐性を考慮する意味でも変えてもいいかも。
 ・リュープリン6ヶ月製剤は新しい薬なので、ちょっと使ってみたかった。

<リュープリンに変えてみて気づいたこと>
 ・リュープリンは、ゾラデックスより注射針が細くて投与時の痛みが少ない。
 ・リュープリンは、投与時の出血がほとんどない。
 ・リュープリンの針は細いけど、投与後の痛みはやっぱりある。
 ・リュープリンは、1回打ったあと半年間は薬の効果が有効なので、何かの理由があっても半年間は途中でやめられない。

 今回のことで、主治医の乳腺外科の先生は、
 女性ホルモン値が下がって閉経状態になったら、LH-RHアゴニスト製剤はやめる方向で考えているってことがわかったんだけど、
 以前、腫瘍内科の先生と2剤併用での投薬の話を聞いたときには、「併用しはじめたら5年間はずっと併用する」って言っていたのがちょっと気になるな。

 また、投薬の変更を考えるときは、薬剤師さんの話も聞くことにしよう。


※LH-RHアゴニスト製剤(閉経前)
 卵巣でのエストロゲン合成を抑える。

※抗エストロゲン薬
 ・閉経前後
 エストロゲン受容体をふさいで、エストロゲンが乳がん細胞に作用するのを妨げる。
 ・閉経後
 エストロゲン受容体を分解して、エストロゲンが乳がん細胞に作用するのを妨げる。

※アロマターゼ阻害薬(閉経後)
 アンドロゲンをエストロゲンに変換するアロマターゼを阻害する。

ではでは。
今日はこれにて。

患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2016年版

新品価格
¥2,484から
(2016/10/28 22:04時点)


がんサポート 2015年 04 月号

中古価格
¥334から
(2016/10/28 22:03時点)



ランキングに参加しています。ぽちっとしてくれると嬉しいです。^^
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 

2016年10月12日公開の、アストラゼネカのプレスリリース(サイトはこちら
「アストラゼネカのフェソロデックス、 進行乳がんの1次治療において無増悪生存期間の延長を示す」
という記事が出ていた。

記事の小見出しは、

フェソロデックスは病勢進行リスクを20%低下させ、
無増悪生存期間中央値をアリミデックス以上に延長
というもの。
第III相FALCON試験のデータにより、局所進行または転移閉経後乳がん患者さんの1次治療におけるアリミデックス(アナストロゾール)1mgとの比較において、フェソロデックス(フルべストラント)500mgが優れた無増悪生存期間(PFS)中央値を示したことを発表しました。
FALCONについて
FALCON (Fulvestrant and AnastrozoLe COmpared in hormonal therapy Naïve advanced breast cancer) 試験は多施設共同無作為化二重盲検第III相試験です。

要は、「局所進行または転移閉経後乳がんで、アリミデックスよりフェソロデックスの方が効く」っていう臨床試験の結果が出たってコト。

で、プレスリリースによると、アストラゼネカは、
この試験結果を踏まえて、フェソロデックスの適応拡大の手続きを始めるために、各国の規制当局と協議中とのこと。

いまは、
閉経後乳がんのホルモン療法での1次治療では、まずアリミデックス(アロマターゼ阻害薬)を使って、
その後アロマターゼ阻害薬の効果がなくなったらフェソロデックス(抗エストロゲン薬)を使うけど、
(「患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2016年版 より」)
これからは、フェソロデックスから使い始めるようになるのかもしれない。

主なホルモン剤
(「患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2016年版 より」)


気になったのは、有害事象に関する記述↓↓
フェソロデックス(フルべストラント)のほうが、多いのかな??

フルベストラント群およびアナストロゾール群において最も頻繁に報告された有害事象はそれぞれ関節痛(16.7%対10.3%) 、顔面紅潮(11.4%対10.3%)、および悪心(10.5% 対10.3%)

ちょっと気になる。
どうなんでしょうか。

私の場合、アロマターゼ阻害薬も飲んでいるけど、
アリミデックスじゃなくて、エキセメスタンだしな・・・。


ではでは。
今日はこれにて。

(Amazon)

患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2016年版

新品価格
¥2,484から
(2016/10/28 22:04時点)



(楽天ブックス)

患者さんのための乳がん診療ガイドライン(2016年版) [ 日本乳癌学会 ]

価格:2,484円
(2016/10/28 22:09時点)


ランキングに参加しています。ぽちっとしてくれると嬉しいです。^^
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 

ホルモン療法で飲んでいるエキセメスタン錠で、脱毛するっていうことを知っちゃったら、
薄毛が気になって仕方なくなってきた。

それで、やっぱりズラ生活を再開。

化学療法中に、始めて買ったのはショートボブだったけど、
今使っているのはショートウィッグ。
しかもメンズ。

ホントは、メンズじゃないショートをネット注文したのだけど、間違って届いてしまって、それに気づかずに開封して被ってみちゃったら、返品ができなくなった。
メーカーさんに電話して相談したけど、返品はできないって言われちゃった。

でも、それほどヘンな感じもしないし、こういうのもアリかなと思って、そのまま使うことにした。
それがコレ↓↓ リネアストリアのメンズウィッグ (「グレーズスタイル」だったかな…)
サイトの写真は、かなりワイルド。 

image

ウィッグデビューで始めて買ったのはコレ↓↓
リネアストリア のイチオシ商品の「天使のボブ
image

実はこのボブ、CAN友(がん友)のAちゃんも偶然に同じものを買っていて、二人でビックリ!
「うわ~! それ天使のボブ!? おんなじ~~!!」って。
でもその言葉の前に、
「え? それウィッグ?? 全然わかんない・・・。かわいい!」って、まず最初にビックリしてからだったけど。
それぐらい、自然。 

私は、長かった前髪を切っただけだったけど、
Aちゃんは、横や後ろも上手に自分でカットして、後ろでバレッタでとめて素敵にアレンジ。
すごく自然でかわいかった。
ウィッグにバレッタなんて、すごい!

どちらも、Linea-storia (リネアストリア)っていうお店のウィッグ。
このお店は、おしゃれウィッグの他にも医療用も扱ってる。

ヘアスタイルも、カラーも、色々選べるし、
私は投薬中の後半は、この際だからって、色々試して楽しんじゃってた。
買ってみて、イメージが違ってそのままじゃ使いたくないのは、美容院に行って切ってもらったりして。

でも結局、せっかく切ってもらったのに、お蔵入りしちゃったのもあるけど。(^^;)
で、今持っているウィッグは4つ。どれも1万円前後。
そのうち、気に入って使ったのは写真のリネアストリアの2つ。 

パクリタキセルで、髪以外に眉毛もまつげもなくなったときは、
ショートボブの前髪が眉毛の位置を隠してくれて、ちょうど良かったし、

ボブから、メンズのショートに変えたときは、
イメチェン! って感じでちょっと楽しかった。(^^)

その中でもちょっと気にするのは、つむじの形。
リネアストリアではI型とO型があって、私が今使っているショートのつむじは、I型。
分け目が自然に見えるから、いい感じ。
image

O型だとこんな↓↓ (お蔵入りしたセミロング)
image
 

気に入って使ってたショートウィッグだけど、だんだん痛んできたみたいで、最近ボサボサが気になる。
また、なにか欲しいな~っと物色中。(^^)



今日書いた過去記事はこちら↓↓
  2014.10.19  抗がん剤 AC療法1回目投与から6日目 嘔吐

ではでは。
今日はこれにて。


ランキングに参加しています。ぽちっとしてくれると嬉しいです。^^
にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 


↑このページのトップヘ